2016年04月19日

FX革命 株式会社 チャートマスター

WS000000.JPG


ブログやメルマガでFXの情報を発信しています。


ブログの内容を理解できればそれだけでも十分勝ちトレーダーになれるほどのクオリティだと


皆様にご支持をいただいております。


真剣に読んで頂くと、ほとんど相場の動きが当たっている事に気付いていただけるはずです。


WS000003.JPG


今回、作成したエッセンシャルFXは、


相場からATM感覚でお金を引き出し続けるための検証の極意をまとめたものです。


あなたは「検証」という言葉をご存知でしょうか?


検証とよく僕はブログで書いたり、生徒さんに教えています。


正しい検証とはどのようにしていくのかということを書いていきたいと思います。


そもそも、検証とは過去に同じ形を作っていた時にどうなる確率が高いかを調べ、トレードに対してどのくらい優位


性があるかを調べていく作業となります。


検証をしないで勝っているトレーダーはいないと断言できるほど重要な作業です。


詳しくは
 ↓
FX革命


過去に遡って


・1 時間足ではどうなっているのか

・4時間足では、日足ではなどいろんな時間足を見て同じチャート形状を探し出しどうなっていることが多いか

・どこでエントリーをすれば勝てるのか

・どこにストップを置けば負けにくいのか


を考えないといけません。


まずは、どの形でもいいですからひたすら一つのことを見続ける必要があるかと思います。


例えば、市場でよく言われるヘッド&ショルダーはどうなれば下落しやすく、


どうなったらだましに合うのかなのですね。


これを繰り返し見続けてこのパターンは勝てるという自信がつけば検証作業は終わってまた違う


パターンを検証していく。



これの繰り返しです。


詳しくは
 ↓
FX革命


検証はこのエントリー手法なら勝てる。という自信をつける必要があります。


よく100回同じことを検証する必要があると言われていますが、検証回数というよりは僕は自信がつくまでする必要


があると思っています。


絶対的な自信がないと実際の相場で連敗が続けば、感情にブレが生じますからね。


そうならないために絶対このやり方をすれば勝てるんだという気持ちが必要だと思います。


100回でその気持ちが作り上げれないのであれば、1000回、1万回と量をこなすしかありません。


いろいろと未だに検証をしていますが、それは、

・どうしたらストップを小さくできるか

・どうしたらリスクリワードがもっとよくなるか

・どうしたら今のエントリー回数より安全なトレードを増やせるか


などを考えてそのことについて検証をし続けています。


勝てるようになると正直ある程度、間違いや勝てる根拠というものがわかっていますので変な手法はまず検証しなく


なりますが、勝てないときは本当にいろいろと悩むと思います。


ただ、間違いに気づいたり、これなら勝てるだろうと思ったことを検証して勝てなかったりするとどうすればいい


のかまた悩んでしまいます。


この時に一番大切にするべきことは基本です。


詳しくは
 ↓
FX革命


商材で簡単に勝てるなどと謳い文句の手法が世の中に出回っています。


その商材の手法を検証するといったことでも僕はいいかと思います。


その時にその商材は本物か、偽物かもわかります。



偽物が多いかと思いますが・・・


ただ、その検証の時間は絶対に無駄ではありません。


このやり方では勝てないとわかることができますからね。


勝てないと思えば、なぜ勝てないのかをさらに追及していけば間違いなくいずれ勝てる


トレーダーに変貌できるでしょう。


地道な作業で非常に大変な作業が検証ですが、その検証で勝てる方法を見つけることができれば。


相当な金額を手にすることが可能な本当の実力になります。


このことだけをモチベーションに検証作業を行ってください。


検証作業をして実際の相場で勝ち続けるようになると面白いぐらい今までの


苦労が報われたと思えるでしょうし、検証してよかった、さらに多くのお金を稼ぎたいから


どうすればもっと効率よく稼げるか、などいろんな検証に没頭するかと思います。


また、同じことを書きますが、これは絶対です。


「検証せずにFXでは勝てない」


「楽してはFXでは勝てない」



これだけ念頭に入れておいてください。


詳しくは
 ↓
FX革命






posted by fxclub77990 at 21:09| FX革命 株式会社 チャートマスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。